ドリル式ホームページの作り方

divとfloatで骨格を作る

ドリル式ホームページの作り方TOP  >>  Lesson9〜画像ビュアーの作成〜  >>  divとfloatで骨格を作る

divとfloatで骨格を作る

divとfloatタグを使用してサイトの骨格を作ります。

<?xml version="1.0" encoding="utf-8" standalone="no"?>
<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML1.0 Transitional//EN" "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-transitional.dtd">
<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml" xml:lang="ja" lang="ja">
<head>
<title>ホームページ作成講座</title>
<meta name="description" content="ホームページ作成の方法を初心者さんにもわかるように、簡単に解説している講座です。" />
<meta name="keywords" content="ホームページ,作成,講座" />
<meta name="author" content="wakabagari" />
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=utf-8" />
<link rel="stylesheet" type="text/css" href="style/style.css" media="all" />
</head>
<body>
<div id="a12345">
<div id="a1"></div>
<div id="a2"></div>
<div id="a3"></div>
<div id="a4"></div>
<div id="a5"></div>
</div>
</body>
</html>

サイト全体の幅は640px、div#a3(160px)とdiv#a4(480px)はfloatで横並びにして、最下方の著作権情報の入るdiv#a5のボックスにclearを指定して、フロートによる流し込みの解除を行います。

#a2の背景には、幅1pxの画像をrepeat-xで640px分敷き詰めます。

#a12345 {
width:640px;
background:#fff;
}
#a1 {
position:relative;
border-top:solid 5px #494;
}
#a2 {
width:640px;
height:30px;
background:url(../gif/30.gif) repeat-x;
border-bottom:solid 10px #494;
}
#a3 {
width:160px;
float:left;
}
#a4 {
width:480px;
float:right;
}
#a5 {
clear:both;
width:640px;
}

ここまでの作成経過はコチラ→サンプル(ホームページ作成講座)


Lesson9〜画像ビュアーの作成〜

  1. XHTMLの骨格を記述する
  2. divとfloatで骨格を作る
  3. div#a1内の編集
  4. div#a2内の編集
  5. div#a3内の編集
  6. div#a4内の編集
  7. div#a5内の編集・最終調整
  8. 画像viewerを配置する

CGIの設置

  1. 掲示板を設置する
  2. カウンターを設置する
  3. アクセス解析を導入する
  4. アクセスランキングを設置する

ホームページの公開

  1. ドメインを取る
  2. サーバーを選ぶ
  3. ファイルをアップロード(公開)
Copyright(C) ドリル式ホームページの作り方 all right reserved.