ドリル式ホームページの作り方

xhtmlの骨格を記述する

ドリル式ホームページの作り方TOP  >>  Lesson6〜tableを使ったレイアウト〜  >>  xhtmlの骨格を記述する

xhtmlの骨格を記述する

lesson5で学んだDTD宣言やXML宣言を取り入れてXTMLの骨格を記述します。

当講座で学んできた人は、htmlとxhtmlの違いを改めて意識する必要はありません(XHTMLを使うことを前提に説明してきたゆえ)。

文字エンコードは”unicode(表記上はUTF-8もしくはUTF-16)”を使います。

骨格部分は覚える必要はないので、lessson5のプログラムをコピって編集してくださいね♪

<?xml version="1.0" encoding="utf-8" standalone="no"?>
<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML1.0 Transitional//EN" "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-transitional.dtd">
<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml" xml:lang="ja" lang="ja">
<head>
<title>ホームページ作成講座</title>
<meta name="description" content="ホームページ作成の方法を初心者さんにもわかるように、簡単に解説している講座です。" />
<meta name="keywords" content="ホームページ,作成,講座" />
<meta name="author" content="wakabagari" />
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=utf-8" />
<link rel="stylesheet" type="text/css" href="style/style.css" media="all" />
</head>
<body>
</body>
</html>


Lesson6〜tableを使ったレイアウト〜

  1. XHTMLの骨格を記述する
  2. tableタグを覚える
  3. table内に文章を記述する
  4. スタイルシートを適用する
  5. vertical-alignというもの
  6. ブロックレベル要素とインライン要素
  7. リスト(ul)を扱う上での注意点

CGIの設置

  1. 掲示板を設置する
  2. カウンターを設置する
  3. アクセス解析を導入する
  4. アクセスランキングを設置する

ホームページの公開

  1. ドメインを取る
  2. サーバーを選ぶ
  3. ファイルをアップロード(公開)
Copyright(C) ドリル式ホームページの作り方 all right reserved.