ドリル式ホームページの作り方

仕上げをする

ドリル式ホームページの作り方TOP  >>  Lesson5〜SEOを意識したサイト作り〜  >>  仕上げをする

仕上げをする

リンクの重要性

リンクには、自サイト内でのリンク(内部リンク)と他サイトからのリンク(外部リンク)、他サイトへのリンク(発リンク)の大きく三つありまして、Googleは外部リンク、Yahooは内部リンクと発リンクを重視するといわれています。

リンクは投票の意味合いを持っています。

他のサイトからリンクをもらうということは、他のサイトから自分のサイトが評価されたとみなされて、ポイントが入ります。

他サイトの価値が高ければ高いほど(公的サイトなど)、ジャンルが近ければ近いほど、ポイントが高くなり、価値の低いサイト、全く関係ないジャンルのサイトからのリンクはポイントが低いばかりか、アダルトサイトやアダルトサイトへ誘導するURLが消去されていない掲示板などはマイナスポイントになりますので注意が必要です。

内部からのリンクはページ数を増やすことで、自サイトの各ページ同士で投票しあうことを意味します。1000ページ以上あればほぼそれだけで上位表示の可能性大です。

発リンクというのは、他のサイトへのリンクを張ることで、リンク先のページにポイントを与えることができます。

本来は外部リンクと内部リンクは多く、発リンクは少なくが定説ですが、公的サイトや価値の高いサイトへの発リンクは、サイトの信用性に影響するので、よい場合もあります。

これからの主流は、”明らかにSEOを意識したリンク”ではなく”自然リンク”です。

最後にスタイルを指定する

最後にlink relをhead内に記述して、外部スタイルを読み込みます。

SEO的には、内部スタイルより外部スタイル推奨です。

これで完成!サンプルはコチラ→サンプル(ホームページ作成講座)


Lesson5〜SEOを意識したサイト作り〜

  1. SEO対策とは
  2. タイトルを作る
  3. エンコードとMETAタグ
  4. DTD宣言とXML宣言
  5. html要素への記述
  6. 見出し、段落、著作権情報の記述
  7. 仕上げをする

CGIの設置

  1. 掲示板を設置する
  2. カウンターを設置する
  3. アクセス解析を導入する
  4. アクセスランキングを設置する

ホームページの公開

  1. ドメインを取る
  2. サーバーを選ぶ
  3. ファイルをアップロード(公開)
Copyright(C) ドリル式ホームページの作り方 all right reserved.