ドリル式ホームページの作り方

エンコードとMETAタグ

ドリル式ホームページの作り方TOP  >>  Lesson5〜SEOを意識したサイト作り〜  >>  エンコードとMETAタグ

エンコードとMETAタグ

エンコードは、Shift_jisであろうが、EUC-JPだろうが、UTF-8だろうが、SEOには関係ありませんので、好きな文字コードを使うとよいでしょう(1つShift_jisだとgooブログにping送信できないというのはありますけど)

今回は練習で、デフォルトのShift_jisからeuc-jpに変えて見ます。途中まで作成した文書の文字コードを変えるときは、terapadの「ファイル→再読み込み」を使用するとよいでしょう。。

<html>
<head>
<title>ホームページ作成</title>
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=euc-jp" /> </head>
<body>
</body>
</html>

METAタグとしてよく使われるのは、keyword,description,authorの三つで、descriptionは”ページの概要”を、keywordsは”検索対象となるキーワード”を、authorは”作成者情報”を<meta name="" content="">の形で、head内に記述します。

<html>
<head>
<title>ホームページ作成</title>
<meta name="description" content="ホームページ作成の方法を初心者さんにもわかるように、簡単に解説しています。キーワード密度を調節するために無駄に長くしております。" />
<meta name="keywords" content="ホームページ,作成" />
<meta name="author" content="wakabagari" />

<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=euc-jp" />
</head>
<body>
</body>
</html>

descriptionに記述する文は、googleで検索したときの説明文として紹介されますので、SEO対策の効果はないに等しいですが、クリック率に影響しますので、パラパラと上位表示させたいキーワードを含めつつ30字程度で書いてください。

keywordsは、検索対象となるキーワードをカンマ”で区切って記述しますが、これもSEO効果はスパムが多発したために今となってはないに等しいです。

authorは、作者の情報を記載しますが、これはSEOには全く効果ありません。

サンプルでは、descriptionとkeywordsに必ず”ホームページ、作成”という上位表示させたい二つのキーワードは組み込みます(キーワードの連用はスパムです)。


Lesson5〜SEOを意識したサイト作り〜

  1. SEO対策とは
  2. タイトルを作る
  3. エンコードとMETAタグ
  4. DTD宣言とXML宣言
  5. html要素への記述
  6. 見出し、段落、著作権情報の記述
  7. 仕上げをする

CGIの設置

  1. 掲示板を設置する
  2. カウンターを設置する
  3. アクセス解析を導入する
  4. アクセスランキングを設置する

ホームページの公開

  1. ドメインを取る
  2. サーバーを選ぶ
  3. ファイルをアップロード(公開)
Copyright(C) ドリル式ホームページの作り方 all right reserved.