ドリル式ホームページの作り方

サーバーを選ぶ

ドリル式ホームページの作り方TOP  >>  サーバーを選ぶ

サーバーを選ぶ

サーバーとは

サーバーという言葉は、クライアントという言葉と対を成す言葉であり、クライアントとは、今現在このページを見ているあなたのこと(受け取る側)で、サーバーとは、このページを見せてる場所のこと(渡す側)です。

このページを見せている場所というのが、サーバーです。

クライアントであるあなたは、サーバーという場所に置いてあるこのページにアクセスして、閲覧しているわけです。

あなたのPC内のデータを他の人に送る、または見せるためには、一度データをサーバーにアップロードしておいて、見る側がそこにアクセスするという経路を辿ります。

クライアントからクライアントへ直接データを渡すことはできません。

メールを見るのに、センター問い合わせすることを考えれば、センター(サーバー)経由でデータが飛んでいることを理解できるはずです。

サーバーをレンタルする

ホームページを公開するには、ドメインとは別にサーバーを用意する必要がありますが、個人で24時間管理できる自宅サーバーを構築するのは並大抵の苦労ではありません。

そこで、サーバーをレンタルして、あらかじめ取得しておいたドメインとくっつける(DNSサーバー設定)た後、レンタルサーバーにファイルをアップロードすれば、晴れてホームページを公開することができます。

レンタルサーバー業者を選ぶ

レンタルサーバーをはじめて選ぶ人は、何を基準に選んだらよいかわからないと思いますので、失敗しないサーバーの選び方について簡単に解説します。

主要レンタルサーバー業者一覧

サイト名 価格(年間) 容量 広告 CGI MySQL
初期費用 月額 年間
XREA free 0円 0円 0円 50MB
NEXT SPACE 500円 - 2000円 500MB ×
XREA plus 0円 200円〜 2400円 3GB ×
ハッスルサーバー 1000円 208円〜 2500円〜 500MB ×
ブロックグループ 0円 250円 3000円 1GB ×
ロリポップ 1575円〜 263円〜 3150円 200MB ×
リンククラブ(LHS) 0円 - 3000円 30GB ×
アミューサーバー 0円 263円 3150円 30MB × +315円
さくらサーバ
スタンダード
1000円 417円〜 5000円 1GB ×
XREA CoreA 1000円 417円〜 5000円 15GB ×
使えるネットライト 500円 500円 6000円 1GB ×
XserverX10 3150円 1050円 14175円 1.5GB ×

サーバー代はネットで稼ごう!→アフィリエイトで稼ぐ

初心者にお勧めのサーバー業者

初めての方は、まずは公開することが目標となるので、サポートやサイトの解説のわかりやすさ、設定、導入のしやすさを重視したうえで、価格や容量を考えていくとよいです。

ドメイン業者とサーバー業者が同じほうが設定が簡単なことから、初めての方に一番お勧めしたいのは、

ドメイン:ムームードメイン
サーバー:ロリポップ

の同一会社での組み合わせです。
(初期費用1575円+年間維持費用3150+ドメイン費用950円=5675円)

ムームードメインはドメイン業者の中で2位という位置にいる格安ドメイン、ロリポップの初期費用は他の格安サーバー業者に比べると若干高い目ですが、年間費用はほとんど変わらず格安サーバーの一つです。

容量が200MBと少し低めですので、大量の動画・画像を公開したい人、大量のメールを受信する人には物足りないかもしれませんが、普通に使用している分(例えば当サイトのようなサイト)には、20、30サイト作っても十分余る量です。

もちろん、CGIやMySQLも問題なく使え、広告もありません。

また、サーバー利用者限定で、すぐ導入できるカウンタ、アクセス解析をはじめとした特典があるのも、初心者さんにはありがたいことです。

ムームードメイン設定方法ロリポップの設定方法

中級者にお勧めのサーバー業者

多数のサイトを運営し、多数のドメインを管理したいひとは、容量が大きく、マルチドメイン(複数ドメイン)とサブドメイン無制限に対応しているサーバーを選択するとよいです。

お勧めは、

ドメイン:リンククラブorムームードメイン
サーバー:ハッスルサーバー
(初期費用1000円+年間維持費用2500+ドメイン費用950円=4450円)

ドメイン:バリュードメイン
サーバー:XREA plus(or XREA CoreA)
(plus:初期費用0円+年間維持費用2400+ドメイン費用990円=3390円)
(CoreA:初期費用1000円+年間維持費用5000+ドメイン費用990円=6990円)

の二タイプです。

中級者になると、サイトを1つだけでなくたくさん持つ人も出てくると思いますが、そうなってくると”マルチドメインやサブドメインにどこまで対応しているか”と”容量がどのくらいの大きさか”という2点が非常に重要になってきます。

Xrea free版は、無料は魅力的ですが、マルチドメイン10個と少なめ、容量50MBと少なすぎ、広告付、決定的はドメインがバリュードメイン出なければ使えないという点から除外

NEXT SPACEは、価格も手頃で容量も手頃と思うだろうが、マルチドメインに対応していない(ドメインが1個しか使えない)ために除外

Xrea plusは、価格は手頃、容量が3GBと十分な量で、マルチドメインは20個まで使用可能と、主に画像・動画を多く使用する人にはこれ以上のものはないといえるサーバーです。ただし、これもバリュードメイン以外のドメインではサブドメインを使うことができないので20個使うフルに埋めるにはバリュードメイン同時契約が必須です。あと、DNS関連の設定が初心者さんには意味不明でしょうから、できる人向けです。

ハッスルサーバーは、初期費用と容量の部分ではXrea plusに負けていますが、マルチドメインに32個対応という点でXreaの20個を上回っています。他のドメインでもサブドメインを作れますし、なんと言っても操作性が簡単!お勧めです。

初心者お勧めのロリポップは、マルチドメイン無制限(ただし、独自ドメインは1個でサブドメインのみ)なのは魅力ですが、容量200MBでは少なすぎます。+105円/月で500MBに増量できますが、増量するくらいなら他のサーバーに移転したほうがいいと思います。

Xrea CoreAは価格が少し高いですが、マルチドメイン無制限、容量15GBと対費用効果の面では、言うことないくらいよいプランです。大規模なサイト運営をする人にはこれ以上のものはないでしょう。何度もいうようですが、バリュードメインでなくてはダメ(サブドメインを使えない)、設定が素人には難しい?のが難点

Xサーバーは、この表の中ではNo1によいサーバーです。価格は高いですが、301リダイレクトやアクセス制限、ドメイン無制限etc...と、すばらしいの一言。

このように、中級者以降は用途によって選ぶことになります。

ドメイン業者とサーバー業者の選び方(管理人の考え)

サブドメインを含めてドメイン32個以上将来的に運用する予定のある人は、【バリュードメインXREA plus】からはじめる事を強くすすめる(管理人がムームードメインからの移管手続きに失敗しているため)が、DNSサーバーの設定(ドメイン→IPアドレス)とIPアドレスとサーバーとの関連付けなど、なにぶんネット初心者には理解することができるかどうかが問題となる。

これらが理解ができない人は、【ムームードメイン ロリポップ 】で1年間慣れてから、状況によってサーバーを【ハッスルサーバー 】か【XserverX10 】に変えることを勧める。

理由は、【ムームードメイン+ロリポップ】の組み合わせは、最も設定が簡単だから、また、サイトの説明もわかりやすいからです(これ以上にわかりやすいのはないかと)。

その上、サブドメインを作り放題だからです。

1年後に【ハッスルサーバー】や【X10サーバー】に変える理由は、このころには、200MBという容量では足りない、1つ以上のドメインを運用したいと思うころなので、ロリポップでは力不足だから。

ハッスルの欠点はサポートが適当なことと、削除済みドメインも1つとして計上されてしまうこと、2アカウントでサーバーを借りると不具合が生じることの3点。

その点、X10サーバーはホントいうことない、サーバー性能はもちろんのこと、操作性、サポート、そのほかの機能云々、価格以外は言うことない。

1年後に【Xrea plus】に変えてもよいが、ムームードメインからバリュードメインの移管はキャンセルされるので変えたくても変えれないこと、また、安いし設定も簡単なので、32個以下のドメイン運用ならこっちのほうがよいと思うため。

最初から、【バリュードメイン+Xrea plus】を選択した人は、その後、上位サーバーである【XREA CoreA】に変えることができる。

ようは、あなたがどこまで入れ込むかが問題で、サイトを60個とかもつ予定のある人や画像、動画をバンバンアップロードする人は、Xrea CoreA以上によいものはありませんが、32個以下程度でおさめる人は、ハッスルサーバーが安くて、簡単で、性能もそれなりなので一番だと思います。

ちなみに管理人は、ムームードメイン+X10サーバーです。


ホームページの公開

  1. ドメインを取る
  2. サーバーを選ぶ
  3. ファイルをアップロード(公開)
Copyright(C) ドリル式ホームページの作り方 all right reserved.